Takenoff Labs » 名曲紹介 » た行の作曲家 » チャイコフスキー » チャイコフスキー: ノクターン Op.19-4

[名曲紹介] チャイコフスキー: ノクターン Op.19-4

チャイコフスキーのピアノ小品は、数はかなりあるものの、『四季』と『18の小品』以外は知名度が少し低いかと思われます。『四季』などはすべて良い曲ですが、それ以外になると玉石混交といった感もあります。その「玉」にあたる曲を、これからちょくちょくご紹介したいと思います。

チャイコフスキーのピアノ小品の特徴は、しつこいくらい繰り返される主題と弦楽的な響きです。実際主だった曲は、かなりの確率で弦楽曲へ編曲されています(作曲家自身は編曲を行っていませんが)。今回は、『6つの小品 Op.19』の中から、4曲目『ノクターン』のチェロとオーケストラのための編曲版をご紹介いたします。

試聴

チェロとオーケストラのための編曲版

参考: ピアノ版(原曲) - 演奏者は12歳だそうです。最近の子どもはすごいですね 😯

楽譜

IMSLP からダウンロードできます。ピアノ版は Complete Set のほうは小さすぎて読みづらいので、Excerpts のほうをお勧めいたします。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

トラックバックURL :

Navigation

次の記事(カテゴリ内):

前の記事(日付順):

次の記事(日付順):

トラックバック

トラックバックはありません

コメント

私の子供も、今弾いてます 😛
ちなみに、4年生ですよ 😆

ココアさん、コメントありがとうございます。
最近の子供はレベルが高いですね! 😯

私も、ちなみに四年生ですが今この曲を弾いています 😆
感情をこめて弾くのに苦戦しています 😀
とても良い曲ですよね~ 😉

キャラメルさん、コメントありがとうございます 😀
管理人は小学五年生くらいでピアノを習うのをやめてしまって、
今でも後悔しています 🙁
大人になって後悔しないよう、がんばって練習してくださいね!

はい!がんばります! 😀

※コメントは承認制となっております。管理者が承認するまで表示されません。申し訳ありませんが、投稿が表示されるまでしばらくお待ちください。





(以下のタグが使えます)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

For spam filtering purposes, please copy the number 4190 to the field below: