Takenoff Labs » 雑記 » お知らせ » お知らせ(2010年5月)

[雑記] お知らせ(2010年5月)

最近更新をサボり気味でゴメンナサイ(_ _; 代わりにといってはナンですが、2点ほどお知らせです。

投票機能の不具合を修正しました

投票機能(WP-PostRatingsプラグイン)が去年の年末あたりから動作していなかったみたいです(涙)。原因は、テーマに「wp_footer();」を入れ忘れていたためです。WP-PostRatings が 1.5 からフッタに JavaScript を出力するようになっていて、1.5 にアップグレードしたタイミングで動作しなくなった模様。完全なる管理人のポカです。

テーマを自作していない限りこんなことは起こらないと思いますが、もし WP-PostRatings を 1.5 にアップグレードして動かなくなった人は、「wp_footer();」を入れ忘れていないか確かめてください(泣

そんなわけで、またどしどし投票していただければありがたいであります。

一括置換ツールのパスワード配布ページを作成しました

フィールド値一括置換・削除ツール」は、当初使うのは開発者だけだろーなーと思っていたのですが、思ったよりも多くの人に使っていただいて、作者としてはびっくりしております。たしかに、運用をやっている方のほうが、こういうツールが役に立つのかもしれませんね。

で、困ったのがパスワードの扱い。開発者なら、あのパスワードでよいのかもしれませんが、運用者も、となると、どういうパスワードにしてよいのやら、という感じです。開発者と運用者には解り、一般ユーザーには解らないパスワード、というのはなかなか思いつかず、かといって一般ユーザーにこのツールを使われるとちょっとまずいですから、基本的に問い合わせがあったらメールで対応しておりました。

この状況を打開すべく思いついたのが、「Lotus Script が書ける環境ならデザイナーが入っている → デザイナーが入っているなら開発者か運用者」という図式。これなら、Lotus Script でしか動かないコードを配布し、その実行結果をパスワードとすればよいので、確実かと思いました。

前置きが長くなりましたが、そんなわけで、パスワード配布ページを作ってみました。パスワードが解らない方はこちらを参照してくださいませ。パスワードをご存知の方も、どのように暗号化(?)してあるのかを見るのも面白かも?

(ちなみに、コードを少し変えると VB系言語で動かすこともできますが、それができるくらいなら開発者でしょ、という考えです。考え方に穴がありましたら、ご指摘いただければと。)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 1.00 out of 5)
Loading...

トラックバックURL :

Navigation

前の記事(カテゴリ内):

次の記事(カテゴリ内):

前の記事(日付順):

次の記事(日付順):

トラックバック

トラックバックはありません

コメント

コメントはありません

※コメントは承認制となっております。管理者が承認するまで表示されません。申し訳ありませんが、投稿が表示されるまでしばらくお待ちください。





(以下のタグが使えます)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

For spam filtering purposes, please copy the number 5919 to the field below: