Takenoff Labs

Lotus Notes/Domino に関する Tips や、クラシックの名曲などを紹介します

[Notes/Domino] Domino Designer の「比較」機能

Domino Designer が Eclipse ベースになって久しいですが、「比較」機能があることをご存知でしょうか。今までいろんな開発者の方とお話して、意外に知られていないと感じましたので、紹介してみます。

すでにご存知の方は、そっと閉じてください。


「比較」機能は、2つ(あるいは3つ)の設計のどこが違うかを表示する機能です。過去の設計とどこが変わったのかを調べたい場合などに、大変重宝します。

操作方法は、以下のとおりです。(2つの設計を比較する場合)

1. [ウィンドウ]メニュー → [Eclipse ビューの表示] → [パッケージ・エクスプローラー] を選択し、パッケージ・エクスプローラーを開きます。

パッケージ・エクスプローラを開く

※通常のアプリケーションビューでもよいのですが、パッケージ・エクスプローラーはDBをまたがって選択できるため、こちらのほうがおすすめです。

2. 比較元の設計をクリックします。

比較元を選択

3. 比較対象の設計を、[Ctrl] キーを押しながらクリックします。

比較対象を選択

4. 設計を右クリックし、[比較] → [相互] を選択します。

比較を実行

5. 比較結果が表示されます。右上のボタンをクリックすると、差異があるところに移動できます。

比較結果

6. 日本語が化ける場合は、対象のウィンドウを右クリックし、[エンコードの設定] を選択してください。

エンコードの設定1

7. ダイアログで「その他」を選択し、「UTF-8」を選択して「OK」をクリックすると、文字化けが直ります。もう一方のウィンドウでも同じ操作を行ってください。

エンコードの設定2


Notes の設計だけではなく、テキストファイルも比較することができます。ダミーのDBなどに、以下の手順でテキストファイルを作っておくと便利です。

1. パッケージ・エクスプローラーで DB タイトルを右クリックし、[新規] → [その他] を選択します。

テキストファイルの追加1

2. ダイアログで [一般] → [ファイル] を選択し、「次へ」をクリックします。

テキストファイルの追加2

3. ファイル名を適当に入力し、「終了」をクリックします。

テキストファイルの追加3

上記1~3の手順を2回実行し、できたファイルに比較したいテキストをコピペして保存すれば、あとは Notes の設計と同じ手順で比較ができます。


便利な「比較」機能ですが、1点注意があります。

Notes の設計を比較した場合、あくまで DXL の出力結果を比較しますので、DXL で抜け落ちたところは、比較結果から漏れてしまいます。(たとえば、フレームセットのフレームのサイズ情報などは、未だに出力されません。)

DXL は、最初のころよりはマシになったとはいえ、まだ完全ではありませんので、過信はしないようにしてください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

トラックバック

トラックバックはありません

コメント

コメントはありません

※コメントは承認制となっております。管理者が承認するまで表示されません。申し訳ありませんが、投稿が表示されるまでしばらくお待ちください。





(以下のタグが使えます)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

For spam filtering purposes, please copy the number 1053 to the field below:

^
×