Takenoff Labs » Notes/Domino » DB設計 » Summaryフラグに関するあれこれ

[Notes/Domino] Summaryフラグに関するあれこれ

Notesの文書アイテムには「Summary」というフラグがあります。これは何のためにあるかというと、ビューに値を表示するためです。Summaryフラグが立っているアイテムは、サマリ・バッファからNoteをオープンしなくても高速にアクセスできるため、ビューの索引作成速度の向上に役に立っています(たぶん)(<たぶんかい)。

さて、このSummaryフラグ、いいことばかりでなく悪いこともあります。それは、「1文書あたりでSummaryフラグが立っているアイテムの合計サイズは64KBまで」という制限があることです。このため、いい気になってフィールドを作りまくっていると、「文書が保存できねぇぞゴルァ」というユーザーからの温かいお言葉をいただいたりします(x_x)

これを回避するには、大容量のデータを保存しているフィールドをリッチテキストに変えるか、そのフィールドのSummaryフラグをオフにするか、です(あるいは、文書を分割するか……)。リッチテキストは扱いづらいので、どちらかというとSummaryフラグのオフがおすすめ。(もちろん、オフにした場合はビューに表示されなくなるので、その点は注意。)

Summaryフラグをオフにする場合は、フォームにフィールドがあると保存時に勝手にSummaryフラグがオンになってしまうため、フォームからフィールドを消した上で、以下のようなコードでアイテムを作成する必要があります。

Set item = doc.ReplaceItemValue("フィールド名", "値")
item.IsSummary = False

ちなみに、バックエンドでアイテムを作成した場合は、New NotesItem を使用した場合のみ、デフォルトでSummaryフラグがオフになります。R6の初期バージョンのヘルプでは「ReplaceItemValueでもIsSummaryはFalseになる」的なことが書いてありますが、これはなんと全くのガセです。IBMはヘルプバグであることを認めています。正しくは、以下のとおりです。

Summaryフラグが自動的にオンになるもの

  • 拡張クラス構文(doc.FieldName = "値")
  • doc.ReplaceItemValue

Summaryフラグが自動的にオフになるもの

  • New NotesItem
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

トラックバックURL :

Navigation

前の記事(カテゴリ内):

次の記事(カテゴリ内):

前の記事(日付順):

次の記事(日付順):

トラックバック

トラックバックはありません

コメント

コメントはありません

※コメントは承認制となっております。管理者が承認するまで表示されません。申し訳ありませんが、投稿が表示されるまでしばらくお待ちください。





(以下のタグが使えます)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

For spam filtering purposes, please copy the number 6239 to the field below: