Takenoff Labs » Notes/Domino » DB設計 » ステーショナリーから作成したメールは、バージョントラッキングが有効になる

[Notes/Domino] ステーショナリーから作成したメールは、バージョントラッキングが有効になる

今日遭遇した謎現象。まぁタイトルのとおりなのですが、以下にもうちょっと詳細を記述しておきます。

現象

メールからブログエントリ(といっても大したもんじゃないけど)を投稿できるDBがあるのですが、ある特定のメール(ブログエントリ)を編集して保存すると、文書が追加されてしまいます。該当のメールは以下のようにして送られたものです。

  1. メールDBを開き、ステーショナリーから新規メールを作成します。
  2. ドラフト保存せず、そのままメール受信DB宛てにメールを送信します。

このようにして送信されたメールは、なぜか「$VersionOpt」アイテムに "6" がセットされてしまい、バージョントラッキング機能(保存するたびに文書の履歴を残す機能)が有効になってしまいます。

解決方法

メール受信時に動作するエージェントを作り、「$VersionOpt」と「$VERREF」アイテムを削除する処理を記述すればOK。これだけで済むっちゃ済むんですが、なんだかなぁという感じですね(´~`)。むしろステーショナリーが犯人というところを突き止めるのに、それなりに時間がかかりました(涙

ちなみに、この件は IBM のフォーラムでも話題になったことがあるようです。みんな困ってるのね(^^;

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

トラックバックURL :

Navigation

前の記事(カテゴリ内):

前の記事(日付順):

次の記事(日付順):

トラックバック

トラックバックはありません

コメント

コメントはありません

※コメントは承認制となっております。管理者が承認するまで表示されません。申し訳ありませんが、投稿が表示されるまでしばらくお待ちください。





(以下のタグが使えます)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

For spam filtering purposes, please copy the number 6429 to the field below: