Takenoff Labs » 名曲紹介 » ら行の作曲家 » ローゼンタール » ローゼンタール: 子犬のワルツによる練習曲、蝶々

[名曲紹介] ローゼンタール: 子犬のワルツによる練習曲、蝶々

ショパン・コンクールは、3次予選が終わり、後は本選を残すのみとなりました。非常に残念なことに、日本勢は2次予選で全員落選という結果となってしまいました……。1980年以来、6大会連続で入賞者を出してきただけに、3次予選にも残らないというのは、かなり低調な結果です(x_x)

今回は本選にアジア勢が一人も残らなかった、というのも特徴的。前回はアジア勢の勢いがめざましかっただけに、ちょっと意外な結果といえるでしょう。ファイナリストの10人中5人がロシア勢、といのもなかなか興味深いです。本選はどうなるのでしょうか。

さて、今回ご紹介するのは、モーリツ・ローゼンタールによる編曲物。ショパンの編曲物は非常に多くあり、中でもゴドフスキーの練習曲が特に有名ですが、ローゼンタールの『子犬のワルツによる練習曲』は比較的マイナーな部類に入るでしょう。

テクニック的には3度と6度の練習曲になっており、3度が苦手な方は弾きづらいかもしれませんが、ショパンの Op.25-6 の練習曲よりは難しくないと思います。『子犬のワルツ』を弾き飽きた方は、ぜひ弾いてみてください。

試聴

子犬のワルツによる練習曲

(おまけ)ローゼンタールの『蝶々』(ショパンの『蝶々』の編曲ではありません)

楽譜

IMSLP からダウンロードできます。 → 子犬のワルツによる練習曲蝶々

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

トラックバックURL :

Navigation

前の記事(日付順):

次の記事(日付順):

トラックバック

トラックバックはありません

コメント

コメントはありません

※コメントは承認制となっております。管理者が承認するまで表示されません。申し訳ありませんが、投稿が表示されるまでしばらくお待ちください。





(以下のタグが使えます)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

For spam filtering purposes, please copy the number 3136 to the field below: