Takenoff Labs

Lotus Notes/Domino に関する Tips や、クラシックの名曲などを紹介します

[名曲紹介] バルトーク: ピアノ協奏曲 第3番 Sz.119

ベーラ・バルトークは、今でこそ20世紀を代表する大作曲家として知られていますが、生前はほとんど評価されなかったかわいそうな人。死後、正当な評価が定着したからよかったものの、これが忘れられたままだとしたらぞっとしないです。

今回紹介する『ピアノ協奏曲 第3番』は、バルトークの作品の中でも、わたしが一番好きな曲。特に第2楽章が美しすぎます。ものすごく有名な曲なので、今さらわたしが紹介するまでもないかもしれませんが、今日楽譜を発見して超嬉しかったので、その勢いで紹介いたします(^^;

ちなみに、なぜ楽譜を見つけたごときでそんなに嬉しかったのかというと、10年以上ずーっと欲しかったのに、ものすごく高価で手がでなかったから。たしか10年前くらいに見た時は6000円くらいで、2,3年前には8000円以上にまで上がってました(涙)。輸入楽譜は高いのは解りますけど、なんでこの楽譜だけこんなに高かったのか……。

試聴

YouTube に、わたしが好きなピアニスト、アンドラーシュ・シフの演奏がありましたので、そちらをどうぞ。
(2010/01/01追記)上記動画は削除されたようなので、こちらをどうぞ。

第1楽章

第2楽章

第3楽章

楽譜

Scribd にありました。バルトークは1945年に亡くなっているので、戦時加算を含めても、著作権は切れている計算になると思われます。ただし、わたしは法律の専門家ではないですので、解釈が間違っている可能性もあります。その点ご注意ください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...

トラックバック

トラックバックはありません

コメント

コメントはありません

※コメントは承認制となっております。管理者が承認するまで表示されません。申し訳ありませんが、投稿が表示されるまでしばらくお待ちください。





(以下のタグが使えます)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

For spam filtering purposes, please copy the number 1385 to the field below:

^
×