Takenoff Labs

Lotus Notes/Domino に関する Tips や、クラシックの名曲などを紹介します

[名曲紹介] ルビンシュテイン: へ調のメロディ

ルビンシュタインというとアントン・ルビンシュテインとニコライ・ルビンシュテインの兄弟がいるのですが、今回紹介するのは、兄のアントンのほうです。ちなみに、弟のニコライのほうはチャイコフスキーの親友で、ニコライが死去した際、チャイコフスキーが死を悼んで『ピアノ三重奏曲 偉大な芸術家の思い出』を作曲したことで有名です。

続きを読む »

[雑記] パーマリンクを変更しました

数日間更新しておりませんでしたが、早速サボったわけではなく(^^;、テーマの修正をしておりました。というのも、Category Orderというカテゴリの並べ替えができるプラグインを入れていたのですが、カテゴリがたくさん増えてくると、並び替えをするのがめちゃくちゃ大変だということに気付いてしまったからです。新規のカテゴリを追加するたびに、1レベルずつちまちま移動させなければならず、Lolipopの遅いサーバーでは時間がかかってしようがないです。

続きを読む »

[Notes/Domino] ラジオボタンなどの選択肢の先頭がスペースの場合、選択した値が消えてしまう

ラジオボタンなどの選択肢を設定文書などに保持して、@関数式で動的にリストを取得して選択肢にするケースは多いと思いますが、選択肢の先頭にスペースが入っている場合、選択した値が消えてしまうというバグがあるようです。

続きを読む »

[Notes/Domino] @DocLengthは圧縮前のサイズを返す

※このエントリは旧コンテンツから移行したものです。(初出:2003/12/7)

@DocLengthの返す値は、文書に添付ファイルが含まれる場合、圧縮前のサイズで計算されているようです。したがって、添付ファイルの沢山貼り付いたDBで、@DocLengthの合計値を計算すると、実際のDBサイズとはかけ離れた値になってしまいます。(NotesDocument.Sizeでも同様みたいです。参考情報はこちら。追記:2008/10/28)

このへんは「仕様」なのかもしれませんが……圧縮後の実際の文書サイズを返す関数があってもいいと思うんだけどなぁ……。

[Notes/Domino] 主要文書を MakeResponse で返答文書にした場合に発生する問題の回避

※このエントリは旧コンテンツから移行したものです。(初出:2003/12/7)

スクリプトでMakeResponseを使えば、主要文書であっても返答文書にすることができます。ただし、その後に文書を保存し直すと、再び主要文書に戻ってしまいます($REFが削除されてしまいます)。

続きを読む »

[Notes/Domino] ビューの列式を Lotus Script で変更すると、「署名してから文書が変更されたか、破損しています」エラーが表示される

ある方から、「ビューの列式を Lotus Script で変更すると、ビューを開いたときに "署名してから文書が変更されたか、破損しています" というエラーが表示されてしまう」というご質問をいただきました。トラブルシューティングが大好きなわたしは、頼まれてもいないのに調査いたしました :mrgreen:

続きを読む »

[名曲紹介] シマノフスキ: 4つの練習曲 Op.4

カロル・シマノフスキは、シマノフスキ協会があるくらいメジャーではありますが、一般の認知度となると、それほど高くないかもしれません。作風をどんどん変えていった人で、正直わたしも後期の作品はよく解らんものがありますが(汗)、今回紹介する『4つの練習曲』は初期のとても美しい曲です。

続きを読む »

ページ: Prev 1 2 3 ... 22 23 24 25 26 27 28 29 30 Next
^
×